坂田会計事務所 TOP 事務所概要 コンサルティング内容 所在地
相続

坂田会計の得意分野の一つです

チェック項目 問題点
相続人

簡単な系図が必要となります。

相続財産
・預金 亡くなった日の時価額を算出します。
・株券・債権
・投資信託
・生命保険、傷害保険
・不動産(土地・建物)

特に不動産については、注意が必要です。その場所及び環境により評価額を下げることができます。

相続発生前の注意

相続人となる直前には事前の注意が必要となります。死亡診断書が提出されると故人の銀行などの引出しが制限され葬式費用にもことかくことになります。問題が発生したらもしくは発生しそうな時にはすぐにでも坂田会計にご連絡を下さい。

経験 坂田会計では、裸一貫から一代で築いた社長の相続、又は元大臣の親族及び一流企業の役員の残した財産の相続、お医者さんの残した財産の相続等多岐にまたがって相続の申告を行っております。相談者にもっとも良い方法を選択し提供いたします。
遺言信託 最近耳にすることが多いと思われますが、遺言作成後に毎月保管料が必要だったり、相続時には弁護士さんに依頼するようになっていたりして、相談者には経済的な負担が重いようです。坂田会計では、公証人の遺言作成の実費費用と相続時の申告費用だけなので、毎月の負担もなく安心して任せていただけるシステムとしております。尚、弁護士さんが必要な時は私共でご紹介いたします。

相続を争続させないために!!

坂田会計では、将来の相続トラブル防止の為、事前に遺言書を残すことをおすすめしております。
財産の非常に多い方については生前贈与又は土地建物への投資(相続税軽減になる場合)の相談も気軽に相談下さい。良いアドバイスができると思います。



Copyright (C) 2005Sakata Kaikei Inc. All right reserved.